出稼ぎ風俗求人とトラブルを防ぐ方法

自分が住んでいる地域などで働く人のみならず、最近では遠方地域へ遠征を行いそこの風俗店で出稼ぎなどとして働こうという人が増えてきている。もし遠くで働くのであればトラブルになることなく過ごしたいもの。では出稼ぎで遠方の風俗店で働く人など、風俗で働こうとする人がトラブルを起こさないためにはどういったところに気を付ける必要があるだろうか。

・嘘のプロフィールは書かない

お店に提出するプロフィールを基にホームページに掲載される内容が決まってくるので、そのプロフィール情報はできるだけ正直に記載しよう。その中で嘘を書かない方が良いのはNGプレイと顔出しについてだ。

・NGプレイは「できる」と言わない

まずNGプレイはお店の基本プレイやオプションで対応することのできるプレイについて。これについては対応が可能なプレイが多い女性ほど必然的に人気が出やすく、その反面NGプレイが多ければ人気獲得につながりにくい。それは少しでも色々なプレイをしたいというお客が多く、人気の出やすい女性を勧める際にお店のスタッフはそれも考慮するから。それだけに「これ位なら大丈夫」だと考えて、本来は対応しにくいプレイについても無理して対応しようとする女性もいる。

ただ当然この差異はお客と対面した際にトラブルとなりやすい。お客がお店のホームページを確認して「できる」と書かれており楽しみにしていたプレイが「できない」ということが生じてしまうからだ。

・顔出しの可否は店にはっきりと伝える

そしてホームページの写真で自分の顔を出すか否かについては、お客よりもお店とのトラブルにつながりやすいので注意しよう。ホームページで女性を紹介する際に顔が分かる写真を掲載した方が、お客にとってその風俗嬢の真の姿を想像しやすいために人気を獲得しやすい。それに出稼ぎ風俗バイトの場合は、知り合いと出会う可能性も少ない遠方のいち風俗店のいち風俗嬢の写真ということになる。女性が人気を獲得するに、そしてお店の売上を上げるためにも顔を隠さずに公開しようとするお店もいるかもしれない。しかも女性のルックスが良く人気を獲得する可能性が高いのであればなおさらだ。

ただ女性側としてはどこでばれるかは分からないというリスクを考え、それでも自分の顔を出したくないという人も少なくない。しかしこれは女性がお店に対してはっきりとした態度で意思を伝えないから起こるトラブルと言える。それだけに顔を出したくないという意思があれば、しっかりとお店側にその旨を伝えよう。

出稼ぎ風俗求人に応募して働こうと考える方は、こういったことも頭に入れておくと良いだろう。